2010年04月03日

御茶ノ水のカザルスホール、最後のコンサート(読売新聞)

 日本初の室内楽専用ホールとしてクラシックファンに親しまれてきた、東京・御茶ノ水の日本大学カザルスホールが31日夜、22年の歴史に幕を閉じ、最後のコンサートが開かれた。

 スペイン生まれの名チェロ奏者カザルスの名を冠した同ホールは、建築家の磯崎新さんが設計を手がけ、1987年にオープン。2002年に日本大学に売却され、昨春、同大キャンパスの再開発に伴い閉館が決まった。

ダイハツ、伊奈副社長の社長昇格を正式発表(レスポンス)
数十倍、数百倍もある「狭き門」 外国エアラインCAが超人気(J-CASTニュース)
英社ワクチンの3割解約=新型インフル、257億円分−厚労省(時事通信)
初のコウノトリ巣塔設置へ 兵庫・養父市(産経新聞)
阿久根市長つかみ合い「今後も議会に出ぬ」とも(読売新聞)
posted by サカシタ コウイチロウ at 05:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。