2010年03月17日

日中文通クラブ、ネットに勝てず 日本側の参加者激減(産経新聞)

 ■運営の男性 ミスマッチに「残念」

 手紙を通して日本と中国の幅広い世代の人たちを結びつけ、学生旅行も企画する国際交流団体「日中文通クラブ」(大阪市淀川区)で、日本側の参加者が激減している。四半世紀近くの歴史を持ち、これまで延べ約2万人のペンフレンドを取り持ってきたが、インターネットの隆盛もあり、日本側の文通希望者が下火に。併せて旅行参加者も減っている。運営者は「中国側の期待に応えられず寂しい」と話している。

 日中文通クラブは、淀川区の印刷業、藤井基義さん(58)が昭和61年、初めての海外旅行で中国を訪れ、「日本語を学ぶ中国の若者が、生の日本語に触れる機会が少ないのはかわいそう」と思ったことをきっかけに設立した。

 藤井さん自身、中学1年のときの東京五輪をきっかけに「外国人と友達になりたい」という思いが強く芽生え、中学2年から社会人に至るまで、海外のペンフレンドと文通を続行。手紙が取り持つ国際交流の楽しさを、身をもって実感していた。

 クラブ設立当時は、PRのため月約千枚のちらしを駅前や市役所などで配布して日本側の文通希望者を募り、中国から送られてくる手紙の主と結びつけた。中国国内では雑誌に紹介されるなど徐々に知名度が向上。学生旅行も同時期から企画し、年3回、計約100人の日本人学生を中国へ連れて行き、現地の学生と交流させてきた。

 藤井さんがほとんど1人で運営しており、学生旅行にも自腹をはたいて援助してきた。昨年の旅行代金は2週間の日程で、フェリーやホテル代など込みで約2万5千円と格安に抑えた。しかし、ネットの出現で日本側の文通希望者が減少。メールでの交流に移り変わりつつあるが、現在は中国側から月15通ほど来るのに対し、日本側からの手紙はわずか数通になった。

 学生旅行も、かつては1回に40〜50人集まっていたが、最近は不況の影響もあって参加が減り、今月は、定員30人に対してわずか8人しか集まらなかった。しかし、中国の特に地方都市では、日本語学習者が日本人と触れ合う機会が少なく、交流を募集すると希望者が殺到するという。

 藤井さんは「中国側から『待っていますのでたくさんで来てください』といつも言われているのに、紹介できなくて残念。ボランティア的にやっているので、なかなかお金もかけられないし…」と、ミスマッチの現状を悔しがっている。

 問い合わせは日中文通クラブ(TEL06・6301・0739)へ。

「あかつき」など公開=5月打ち上げの金星探査機−宇宙機構(時事通信)
東京・文京区長、男性首長初の育児休業取得へ(産経新聞)
首相、危うい「県外固執」 腹案は「徳之島」 米側、難色示す可能性(産経新聞)
路上に男性変死体、殺人で捜査 手縛られ頭部打撲跡 国分寺(産経新聞)
天皇陛下 東ティモール大統領と会見(毎日新聞)
posted by サカシタ コウイチロウ at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

自分の寺に放火した容疑で元住職逮捕 前日に火災保険加入(産経新聞)

 自分が住職を務めていた寺に放火したとして、埼玉県警小川署は8日、非現住建造物等放火などの疑いで、同県小川町小川、僧侶、西原弘道容疑者(53)を逮捕した。西原容疑者は否認しているという。

 小川署の調べでは、西原容疑者は昨年11月5日午後9時40分ごろ、東秩父村安戸の聖岩寺の本堂などに油をまいて火を放ち、木造平屋本堂約262平方メートルなど3棟計約490平方メートルとリースの乗用車1台を全焼させた疑いが持たれている。

 小川署によると、西原容疑者には約3600万円の借金があり、放火前日に本堂や仏具の火災保険に加入したのをはじめ、3棟1台に約3億円の保険をかけていた。また、同署が西原容疑者の親族宅を家宅捜索したところ、東秩父村の有形文化財に指定されている御朱印状や家財道具など、西原容疑者が事件前に運び出していたとみられる60数点が見つかった。

 小川署によると、西原容疑者は当時1人で寺に住んでいたが、事件後は住職を辞めている。寺では平成18年1月にも火災があり、西原容疑者は約5000万円の保険金を受け取っており、同署は関連を調べる。

【関連記事】
放火予備で灯油持ち歩きの男逮捕 周辺で不審火、関連調べる 東京・東村山
自宅に放火、母親を殺害容疑で男を逮捕 父親の葬式めぐりトラブルか
自称霊能力者と信者の女を殺人と殺人未遂容疑で再逮捕 大阪府警
「事故で子供けが」 保険金詐欺で男女11人逮捕
【衝撃事件の核心】「金になるアルバイト」 “社員”90人を仕切って2億円を稼いだ男の強欲ぶりとは…

アステラス、がん領域強化で米社にTOB(医療介護CBニュース)
首相動静(3月4日)(時事通信)
英文だけ「TSUNAMIない」 宮城県、メール誤配信(産経新聞)
「普天間」重大局面なのに… 内輪もめの社民(産経新聞)
進むボーダーレス化 「開放」か「鎖国」か正念場(産経新聞)
posted by サカシタ コウイチロウ at 01:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

官僚対象に「政策グランプリ」=提案募り11年度予算に採用−行政刷新相(時事通信)

 枝野幸男行政刷新担当相は4日夜の記者会見で、官僚らから政策を募集する「政策グランプリ」を実施すると発表した。5日から23日まで、全国家公務員と独立行政法人の職員を対象に、提案を受け付ける。
 その後、有識者が書類選考で5件程度に絞り、4月にも枝野氏と仙谷由人国家戦略担当相が直接プレゼンテーションを受けて最終選考。採用が決まれば、2011年度予算案に取り入れる考えだ。 

【関連ニュース】
年金一元化、8日に議論開始=首相と関係閣僚ら
稲盛氏後任に吉川氏=行政刷新会議
政府は行政刷新会議のメンバーに吉川広和DOWAホールディングス会長を起用
週内にもヒアリング開始=300〜400の公益法人
渡部氏、7奉行と会合=参院選「情勢厳しい」

サイトの暴走画像で割り出し、42歳逮捕(読売新聞)
<三遊亭楽太郎さん>六代目円楽を襲名(毎日新聞)
吉川英治文学賞に重松清さん(産経新聞)
日本アイ・ビー・エムを強制調査=ニイウスコー粉飾事件−監視委(時事通信)
中2男子首つり自殺、学校調査で「いじめ」証言(読売新聞)
posted by サカシタ コウイチロウ at 14:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。